ふたりの兄嫁_求动漫ふたりの兄嫁(带字幕)1210888075

求动漫ふたりの兄嫁(带字幕)1210888075

  • 如题
  • 有种子,但是不知道怎么给

久しぶりに実家に帰ったら冴えない従兄弟が超巨乳の嫁を连れてきた!前田优希

  • 找不到啊问题补充: 1152754525@qq
  • 你发的是日本的系列吧,我有的我邮箱 pdscpa@163.com 来邮件我发你我们在学习,世界在进步。对世界要爱和平的进展

求一些小说里的日语翻译!!谢谢各位大神啦!!

  • 雪ちゃん、おばさん今日から一日を五十円以下で済まそうと思ってるのよ。朝は番茶とパン、おひるは渍物と佃煮、夜は一日おきに蒲ぼことちくわ」 叔母はそう云ってからから笑いました。この叔母のお嫁入の顷は家の全盛时代でしたから、そのお嫁入のお仕度は、叔母の美貌と共に随分世间に评判になったのでした。あの顷の追忆ばなしを父や叔母は度々いたします。何しろ私达が生まれる顷はやや降り坂だったらしく、その豪华版を私はしりませんでしたけれど、父の生まれた所など通りすがりに眺める度に茫然とするのでした。その屋敷は戦前人手に渡り水害のため全壊し、又空袭でわずかにのこった门番小屋や大门も焼けてしまっておりました。园游会の写真などを土蔵の隅にみつけ出したりする时に、こんな生活を羡しがったり、或いは祖先がそういう生活をしたと得意がる以上に、明日知れぬ运命をおそろしくさえ思うことが度々ありました。いくらかかたむきかけた私达の幼少の顷と云っても、今思い出しておかしくもさえある生活でした。すぐ近くへ行くにも自动车に乗りショフワーの横の席を子供达は取りあいでした。几人ものお客様をもてなしたりしたことを思い出します。お二阶の御座敷には、大きなぶあついおざぶとんが并べられます。女中达が、白いエプロンをぬいで黒ぬりのお膳をはこびます。お茶碗などは、そんな时特别にしまいこんである桐の箱より出します。床の间には、三幅のかけ轴がかけられ、大きな七宝焼の壶にその季节々々の一番见事な花が活けられます。私もお振袖をきてお客様に御挨拶を致します。けれど、じっと坐ることが出来ないのですぐに奥へひきさがって兄や信二郎とおしょうばんの御驰走をたべます。その顷はそれがとりたててたのしいことではなく当然のように思っておりました。 その夜、远い亲类にあたる松川の祖母さんの葬仪よりかえった母が、食事の後でこんな话をしました。「松川さんのところのおばあ様ね、まあ、御葬式の费用に仏様の金歯をはずしなさったそうな、いくらなんでもねえ、ひどい世の中になりましたよ」「どうしていけないんだい?」 信二郎が傍から口を出します。私は父の颜をちらとみました。「どうしてって、あきれた子だよ、死んだお人の身についているものなんですよ」 と母は申します。「いいじゃないか、おん坊に盗まれるよりかしこいさ、姉様どう思う?」「私もいいと思う。とがめることはないわ、信二郎さんみたいに、唯物论者じゃないから死者の霊をまつりたい気持はあるわ、でも、金歯を抜くことが死者の霊に対して无礼だとは思わないわよ。それで御葬式してあげられたらいいじゃないの」 父はにがい颜をして黙っております。叔母がとんきょうな声を出しました。「だって、谁が抜くのよ」「谁か、歯医者さんにでも」と私。父がその时はじめて口をひらきました。「いやな话、もうよしたまえ、お前达は父さんが死んだら、たくさん金歯があるから、それでうんと食べるんだね」 私は笑いながら云いました。「雪子が死んだってあてはずれよ。金歯なんて一本もないわよ。人间の価値少しさがったわね。でも生きているうちはない方がよさそうね」 话はそこでぷっつり绝えてしまいました。 食後、私は信二郎の部屋へ行きました。勉强しているのかと思ったらごろんと横になって烟草をふかしております。「勉强なさいよ。何してるの、时间が无駄よ」「考えてるんだ、无駄じゃない」「何を御思索ですか、紫の烟の中に何がみえるのでしょう」 私は茶化すように申しました。「ほっといてくれよ、うるさいね」
  • 小雪,阿姨从今天一天五十日元以下将就吧我想。早上是粗茶和面包,中午是渍物和咸烹海味,晚上每隔一天蒲坛子和鱼糕”叔母是这样云っ之后笑了。这个阿姨嫁入的顷家的全盛时代了,那您出嫁的准备,阿姨的美貌和共同够世回想评判去了。那个顷的追忆地父亲和姑姑不时。总之,我达出生顷稍下坂了。似乎是,其豪华版我我不知道。但是,我父亲出生的地方等路过每次看到傻眼了。那个房子战前人手远渡水灾,而倒塌,又在天空袭仅剩下的门番小屋和大门都烧光了。园游会的照片等仓库角落找到出去的时,这样的生活了,或羡西或祖先那样的生活了擅长的以上,明天不知道可怕运生命连想多次。花了多少かたむき我达的幼年的顷和云っ,现在想起来也有奇怪的生活。附近去坐汽车ショフワー旁边的座位达孩子是配合了。几人东西招待客人的时候想起。您二阶御客厅,大的ぶあつい您坐垫有并摆。女佣达,白色围裙脱黑漆的お膳为程序安排。茶碗等,这样的时特别中埋藏的桐木箱比出。地板的回想,三幅施加轴挂,大的景泰蓝的壶那个季节节圈的一番见事的花活ke。我也要将和服来客人敬意不能接受。但是,一直坐到不能马上向深处的ひきさがっ哥哥和信二郎您吧包的御驰走吃。那顷它职而开心的事,而是理所当然地认为了。那个夜晚,远相当的祖母。亲类松川先生的葬仪反而比的母亲,吃饭后这样的话了。“松川先生的地方的奶奶大人啊,算了,御葬礼费用佛金牙取下做了这样的,无论怎么说呐,严重的世界了。”“怎么不能?”信二郎从旁边说出口。我把父亲的颜chira解决了。“怎么了,吃惊的孩子啊,死去的人身上的东西”和母亲。“不是很好吗,女人坊被盗更聪明,姐姐你觉得怎么样?”“我也无妨。喝问不会,信二郎先生那样,不是唯物论者从死者的灵祭想感觉你。,不过,拔金牙的事对死者的灵无礼不认为。因此,御葬礼帮助难道不好吗”父亲是苦颜了沉默。阿姨什么今天的发出声音了。“因为,谁能抽出的。”“谁呢,看牙医也」我。父亲那时第一口翻开了。“讨厌的话,已经好吧,你达爸爸死了,因为有很多金牙,那多吃呢?”我是笑云い了。“雪子死了津贴落空。金牙之类的一根都没有呢。人的价值回想稍微退了呢。但是活着的时候是不好。”话那里喀嚓绝得了了。饭后,我信二郎的房间去了。学习。我以为躺躺烟草抽。“学习吧。在干什么呢,时间有无驮。”“考虑啊,无驮么”“什么是御思索吗,紫色的烟中究竟看到了什么的吧。”我开玩笑地说了。“别管我,你很吵啊”我是百度翻译的 不知道对不对

为您推荐

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

返回顶部